Top > ソーサラー 過去記事
HTML convert time to 0.074 sec.


ソーサラー 過去記事

Last-modified: 2013-01-24 (木) 16:58:01

ソーサラーの心得 Edit

[起き上がり]
起き上がり直後は一定時間無敵
フリージングカレスやヘルファイアを狙え

[周辺警戒]
怠るとパニで即死しかねない

  • レーダーの確認
  • 見回し警戒
  • 足音に超警戒すべし
    側面や背面からの奇襲は常に警戒すべき

ファイアボルト系メイン(火皿) Edit

ヘルファイアを筆頭として強力な継続ダメージを与える
安定して敵のHPを減らせる優秀なアタッカー

動き方 Edit

ヲリを焼くのが基本
遠くの敵はランスで、突っ込んできたヲリにはヘルで対応。
スパークは敵頭上に打上げるとよい。なぜなら障害物や敵前衛に当たってしまうとそこで破裂するからだ。
そのステップを確認してからヘルを撃つと良く焼ける。
味方ヲリについてく
ヲリから逃げようとした敵がステップしたのを肉眼で確認したらヘル発動。
敵は転ぶが大ダメージ60x3のヒートダメージ
基本は近距離から中距離
遠距離から大魔法を撃てる雷皿
中距離から大魔法を撃てる氷皿
火皿はより接近キャラクターとして意識して動くとよいかもしれない
ヘルファイアは前方扇型の超威力の最強技。
ヲリのヘビスマ範囲+ヒートダメージという反則技を持つ
そのため発動に少し時間がかかったり(それでも発動をみてステップで避けるのは不可能)
射程が短いといった弱点もある。
忘れないでいただきたいのが、扇型の範囲だということ。
味方がスタンや凍結のとき助けてあげるのは難しいが、逆に狙ってきた敵をまとめて燃やすことも可能。
スタン/ルート中の相手
積極的にヘルファイアを入れたい
しかしスタン中はみんなが攻撃するため、スタンし終えて敵がステップして逃げようとしたとき、
そのステップを確認してからヘルを撃つと良く焼ける。
遠距離だってお得意様
大魔法がヘルファイアという近距離技であるが、遠距離が苦手というわけではない。
中威力にヒートダメージ、そして命中補正がなかなかのランスを習得することができるためだ。
ヘルファイアを当てた後・・・いそいそと逃げる敵に向ってランスで仕留める。
痒いところにも手が届く万能キャラクター。
速度は遅いが、相手へのけん制、強制ステップなどに使えるスパークも大変優秀。
使いこなせば最強と名高い。それが火皿なのです!!

注意点 Edit

良き火皿たるための注意点

立ち位置
基本的に前に出なければいけない。ヲリと違って仰け反るので、慎重に・・・
しかし大胆に動いて行きたい。

アイスボルト系メイン(氷皿) Edit

ブリザードカレスに代表される妨害スキルを使いこなす
相手の行動を阻害することに長けている援護型

動き方 Edit

ルーティングや鈍足を付けること
前線の側面から潜り込み大量に凍らせるのが理想
とにかく相手の前線を木偶の坊の集まりにしてしまいたい
弾幕の飛び交う前線において回避運動ができないというのは致命的
味方ヲリや火皿の状況を確認して動けると効果倍増!
 
[凍らせた相手への対応]
3月5日以降、凍結状態での移動ができなくなります。ソニックの射程外ならもう敵はなすすべがないので、おちついて周囲を見渡して状況を把握し、最善と思える行動をとろう。一度凍らせれば俺たちの天下だ。
ハイドスカに要注意
氷サラはその性質上、特に少人数の戦闘ではキーマンになることが多いため
ハイドスカウトから狙われることが多くなる
特にパニで暗殺されて長時間戦場を離れると決壊につながりかねないため
他のサラ以上にハイドサーチや、HP減少時はウェイブにショートカットをあわせる意識をすること
パニは音がしたら即ウェイブをすれば防御できる そのためにもウェイブをセットしておくよう心がけ
パワブレを受けた場合は仕方ないが、慌てず残りPwでアイスボルトをしっかり当ててやろう
味方召喚獣を護衛せよ
味方の召喚獣を倒しにやってくる敵ナイトに対し、凍結や鈍足を効果的に与えることにより、氷サラは間接的に召喚戦を有利に導くことが出来る。
敵ナイトとすれ違いざまのウェイブや、隙を見計らってのカレスを基本として、味方ナイトと上手く連携してナイト戦のサポートに回るようにしよう。
油断しているナイトに対しては慣れれば走行中でも狙ってジャベリンを命中させられるため、修練すると良い。
凍結>味方のバッシュ>味方ナイトの総攻撃で一瞬で敵ナイトを蒸発させられれば理想的。
ただしウェイブで味方ナイトの攻撃を打ち消さないように十分注意すること。
片手ウォリ
ソニックブームを撃ってくるか、スラムアタックで移動してくる場合が多い
ソニックの射程外まで距離を取り、スラムで追ってくるようならわざと追わせる
3〜4発撃たせてPowが切れたところで反撃を開始
両手ウォリ
片手同様、ソニックを撃ってくるか、ストライクスマッシュで移動してくる事が多い
ストスマは技の特性上、真後ろに逃げれば絶対にあたらない
焦ってウェイブを出したりしたら相手の思う壺
弓スカウト
Rootさせると、逆に動かずに弓を連射してくる
味方の援護が見込めないなら素直に下がる
味方のハイドスカなどが接近していた場合は弓の射程範囲内で牽制
注意をひきつけ味方のパニやヴォイドが決まりやすい状況を作る
短剣スカウト
弓に持ち替えての攻撃、ポイズンブロウでの防御、捨て身ヴォイドダークネス。
とりあえずRootさせたら下がり相手の性質を見極める
パニスカが狙っているならジャベリンを当てて解凍して良い
ソーサラー
Root時に移動できるスキルがない
ほとんどのLv40サラはウェイブを持っているため味方の援護が難しい
相手の射程内から出ずに大魔法を誘い相手のPowを減らすことを意識する

注意点 Edit

良き氷皿となるための注意点

決して敵を殺そうと思ってはいけない
氷皿は相手を妨害するスキルには長けている分
ダメージを与える手段に関しては絶望的である
よってむやみにダメージを狙うと味方の大ダメージと被って打ち消してしまいかねない
殺そうと思うのではなく、仲間が殺しやすいようにしむけるのだ
スタン状態の敵を見つけたら
スタンしている敵に攻撃することは厳禁
スタンした敵を凍結するとスタンが解けてしまい、せっかくのチャンスが潰れかねない
敵スタン救助部隊を妨害するのが正しい
クランブル狙いで真っ直ぐ駆け込んでくるウォリをジャベリンで止めてしまえば、味方にもう1チャンス生まれるぞ
スタン状態の味方を見つけたら
距離が近いのでれば、フリージングウェイブでの救出を試みる
無理ならばカレスで敵の足止めを
無理に大技を狙わない
カレスは大量凍結を狙える優秀なスキルだが、出も弾速も遅いから真正面から撃っても当たらない
ゆえに相手に見られないように物陰や側面に回り込んで撃つのが基本なのだが
戦況によっては(橋や細道など)正面から敵とぶつかることも多い
そういうときはアイスボルトなど、小技を主力に使っていこう
狭い場所で戦うとき、敵前衛からすれば1発のカレスより5発のアイスボルトのほうがずっと近寄り辛い
首尾よく鈍足がつけば、それからカレスを撃てばいい 鈍足状態のステップではカレスはまず回避できない
氷サラの最大の武器は仲間である
しかしながら、正面からのカレスのプレッシャーは「敵にほぼ確実にステップを強制させる事が出来る」
ステップの着地が味方の大きな攻撃チャンスになるのは言うまでもなく、
味方の近くまで充分引きつけてからカレスを狙うことにより、
例えそれ自体は命中せずとも味方の攻撃を活かすための基点になりうるということだ。
これはほんの一例に過ぎないが、周りの味方を良く見て、どうすれば味方がより活躍出来るかを考えることは、
サポーターとしての役割が大きい氷サラにとっては非常に重要なことだと言える。

ライトニング系メイン(雷皿 Edit

ジャッジメントレイなど高低差無視の長距離スキルを持つ
範囲を活かした特殊な遠距離攻撃野郎

動き方 Edit

攻撃対象
いいか、新米雷皿ども。
雷皿がジャッジ狙うのは突進してくるヲリじゃねえ。
前に出てくるヲリばっかジャッジで狙ってるから、味方の攻撃とかぶっちまう。
だからジャッジが、そして雷皿が使えない子呼ばわりされるんだ。
そうじゃねえだろ。
よく聞け新米ども。
最強魔法ジャッジメントレイで狙うのはな、
てめぇの苦手な、後ろからバラバラ矢撒いてくる弓スカどもだ。
弓対処
何?弓に向かっていったら矢で詠唱止められるって?
だからてめぇはいつまで経っても新米なんだ。
カメラを90度回せ! 前に向かってステップで踊るように切り込め!
そしたら矢が当たってコケるだろう?
待て、1発2発もらったぐらいで逃げ帰るんじゃねえ。コケた時こそチャンスだろうが。
いいか、お前が矢食らってコケたってことは、
お前のジャッジ射程に間抜けな弓スカどもがいっぱい入ってるってことだ
コケた後には無敵時間があるんだ、
そこですかさずジャッジをぶちかませ! 数人まとめて焼き払え!
誰にもお前の魔法を止められないぜ?
だがもし素早く弓が引いていったら、そいつは訓練された弓兵だ。
歯を食いしばってもう一度前にステップで切り込め!
お前が弓を下がらせた分だけ、氷皿が前に出てこれる。
敵ヲリは氷皿が止めてくれる。仲間を信じて前に出ろ!
どうしても敵ヲリに近寄られそうならウェイブで撃退しろ。
そこが弓vs弓との違いだ。弓はヲリに近寄られたら逃げるしかねえ。だが皿は違う。
そして弓スカが射程に入ったらすかさず裁きの雷を落とせ!
弓対処2
前線に切り込むときには体力全快でも必ずリジェネを飲んでいけ。
見ろよ、雷皿のお前に弓が怯えて下がっていくぜ?
これで他の皿がぐっと動きやすくなる。
弓を下がらせることは火皿にも氷皿にもできねぇ。
混戦ならヲリでもできねぇ。そこまで切り込めないからな。
だから雷皿たる俺達の出番だ。違うか?
お前が中衛にいて横ステップで踊ってる間、弓は迂闊に前に出てこれない。
味方ヲリに飛んでたはずの蜘蛛矢や毒矢は、お前へトゥルーやレインになって降り注ぐ。
そしたら味方ヲリが前に出ていけるだろ? 氷皿も前に出れるだろ?
戦線がなかなか押しあがらないのは貴様らが腰抜けだったせいだ。
リジェネが効いてる間は気合で避け続けろ!
そしてPowがたまったらジャッジを撃て!
生還のために
だからといって死ぬまで前に居るんじゃねえぞ?
リジェネや詠唱が切れるか、HP5割切ったら帰ってこい。
勿論帰りもステップ連打だ。
帰りはなるべくウェイブを準備しておけよ。
追っかけてくるヲリを弾き飛ばせるからな。
攻撃対象2
帰り際の、HP400-500になって退いていく敵ヲリを見つけたときは、
退路にしっかりジャッジ置いとくんだぜ。
間違えるなよ、突っ込んでくるやつじゃない、逃げていくやつだ。
はいはい、矢ぐらいじゃ死なないぜフゥハハーって余裕で帰っていくヲリに3HITぶちかませ!
途端にステップ連打で暴れだすぜ?
仕上げは弓スカに任せるか、ステップの影を見て足元にライトニングを置いてやれ。
ライトニングで殺されると相手はむかつくんだぜ?
はい、おさらい
新米雷皿よ、繰り返す。
お前の仕事は後ろでお座りしながらヲリに雷を当てることじゃねえ。
突っ込んでくるヲリを止めるのは氷皿、焼くのは火皿の仕事だ。
お前の仕事は、魔法最長の射程を持つジャッジを使って、弱腰な弓どもを後ろへと下がらせることだぜ。

お座りジャッジは、強いかもしれない。が、オリが不足してる戦場でやると
前線のオリが狙われて蒸発するんだぜ!そしたら総崩れするから気をつけるんだぜ!


三色ソーサラー Edit

雷火氷の三種類の中級魔法を取得したタイプ。
サンダーボルト、ファイヤーランス、フリージングウェイブ、アイスジャベリンの取得が一般的。
皿一番人気のカレス、ランス、ライトニングの変化で、カレスよりサンダーボルトの方が良いと思った奇特な方が選択する。
故にサンダーボルトを雷皿以上に効果的に使えないと意味がない。

長所と短所 Edit

燃費がいいので長く前線に居られる反面、消耗も大きい。
PSが相手より勝っていれば、あらゆる相手と戦える。
範囲攻撃が皆無なため、敵の集団に対する有効な攻撃が出来ない。
どうしてもというならスパークフレアを取得する。

動き方 Edit

偏差撃ち超必須。
ジャベリン、ランス、ライトニングのコンボも必須。
(ランスの仰け反りにライトニングが確定で入る)
向かってくる敵はジャベリン、ランスで迎撃。
逃げ行く敵はサンダーボルトで手前に転ばせて、アイスボルトで鈍足追加。


技別考察 Edit

Skill
point
威力特殊効果Pow習得条件
詠唱-/2/2(120/180/240)秒中・上級魔法使用可能20
ライトニング2/1/1120/140/16018
ライトニングスピア2/2/2200/220/24032ライトニングLv3
サンダーボルト2/2/2120/120/120吹き飛ばし36ライトニングLv3
ジャッジメントレイ3/2/2(100/110/120)x382ライトニングスピアLv3+
サンダーボルトLv3
ファイア2/1/1100/120/140炎(18/24/30)x318
ファイアランス2/2/2180/200/220炎(24/30/36)x332ファイアLv3
スパークフレア2/2/2100/110/120炎(24/30/36)x364ファイアLv3
ヘルファイア3/2/2360/400/440炎(36/48/60)x380ファイアランスLv3+
スパークフレアLv3
アイスボルト2/1/1100/120/140鈍足(6/8/10)秒18
アイスジャベリン2/2/2180/190/200凍結(4/6/8)秒30アイスボルトLv3
フリージングウェイブ2/2/2100/120/140吹き飛ばし
鈍足(6/8/10)秒
34アイスボルトLv3
ブリザードカレス3/2/2130/140/150凍結(12/18/20)秒
鈍足8秒
70アイスジャベリンLv3+
フリージングウェイブLv3

雷系 Edit

ライトニング Edit

【効果】雷系初級スキル。指定した範囲内にいる敵複数にダメージを与える。

  • 皿スキルの中で、ウェイブの次に発動時間が短く有用なスキル。
  • 雷系全般に言える事だが射程は高低差を無視するので崖のある地形を利用すると効果が大きくなる。
  • ある程度の慣れを要するものの、羽モードの方が圧倒的に命中が高くなる。普段が十字の人でもライトニングを打つ時だけ羽に変えるとかなり当たり易いです。
  • ソーサラーにとっては数少ないトドメを刺せるスキル。
  • 仰け反り相手には、ランス、スピア、アイスボルトの後に確定で繋がる。Pwがあるなら当てないと勿体無いのでよく練習すべし。

ライトニングスピア Edit

【効果】中距離直線貫通攻撃。弾道上にいる敵複数にダメージを与える。

  • 使用者の手元から雷光が一直線に伸びる。射程は通常攻撃よりやや長め。
  • 発動させる範囲を指定する他の雷系統スキルとは使い勝手が異なるが、発動までの時間および弾速が早く、ソーサラースキルの中ではヘル、ジャッジに次ぐ威力なのでそれなりに期待出来るダメージソースである。
  • 当たり判定は意外と小さいのでよく狙う必要がある。

サンダーボルト Edit

【効果】指定した範囲内にいる敵複数にダメージを与えるとともに吹き飛ばしの効果。

  • 吹き飛ばしつきライトニングと言った印象のスキル。基本概要はライトニングとほぼ同じ。違いは範囲と効果と発動と射程。ライトニングよりも射程が長く少し広範囲、発動は遅いが、吹き飛ばし効果がついている。
  • 落雷させた中心から敵の居る方向に吹き飛ばす。落とした中心よりも敵が手前に居れば手前に、右側なら右。
  • 当てかたは相手の2歩先に置く感じで。VUにより、より当てにくい仕様になりました。
  • 主な使用方法は
       1.スタン、root状態でBOXされている味方の救出。群がる敵兵を吹き飛ばそう。
       2.崖上の敵を叩き落す。いわゆる、釣り。
       3.召喚に取り付く敵兵を吹き飛ばす。偏差打ちを極めれば敵ナイトを崖下に叩き帰すことも可能。
         時間稼ぎにはなる・・・・。
       4.自分に近づく敵を吹き飛ばす。この場合は通常より早めを心がけないと、ヲリがこっちに飛んでクルョ。
  • 使い方によっては、神にもクズにもなる。基本的にはルート・スタンの敵には当てないこと。
  • 基本的には防御系スキル。状況を良く見て使わないと大迷惑になります。注意!

ジャッジメントレイ Edit

【効果】指定した範囲に複数の雷を降らせ、複数の敵にダメージを与える。一人につき最大3HIT。

  • Lv3で最大HIT3 攻撃力120 Pow82
  • 射程距離は他雷スキルよりちょっと長め、範囲はレインアローを一回り小さくしたぐらいか?
  • 発動は遅く、硬直も長め。相手の3〜4歩先を読むか、敵集団へ適当にぶっこみましょう。
  • 多段ヒットなのでのけぞりのある職だと足止めになります。ウォリ相手だと・・・お察しください( ´-`)
  • ダメージ効率を考えるならウォリを狙うよりも後衛の集団を狙いましょう。
    その分前線に出なくてはいけませんが。ハイドスカは怖いですが味方を信じて前に出ましょう。
    戻りはステップ、ステップヽ(´Д`;)ノ ランタ タン♪
    ウォリ相手の場合はボルトのほうがいやらしくて効果的。偏差打ち必須。
  • 空中にいる皿やスカに当てると転倒と共に1hitしかしません。しかしジャンプしてるヲリに当てると全発当たります。
  • ハイド暴きにもちょっとは有効。お座りしている味方を中心に放つと時々ぼろりとハイドスカが出てきます。
  • 乙型マップ等崖の多いマップだと崖上、崖下へ攻撃できますが、敵弓スカのレインには注意。発動が遅いので簡単につぶされます。
    素直に前線で撃ったほうがいい場合もあるので適当に判断しましょう。
  • 敵ATが乱立している場所は結構ねらい目。建物ダメージ+ATの影に隠れて回復している敵を一網打尽にできます。
  • スタンしている敵には周囲をよく見てから打つか判断する。動かないおいしい敵ですが、味方ウォリ、パニスカの邪魔になります(ダメージ被りのため)。お勧めはスタンが切れた敵の初動ステップ方向を先読みし、止めをいただくこと。
  • ハイポは必ず持っていけ。ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!ハイポD!

炎系 Edit

ファイア Edit

【効果】炎系初級スキル。指定した方向に直進する炎を放ち、敵にダメージとともに炎上の追加効果を与える。

  • 同Lv相手に50〜100弱程度のダメージ+30*3のヒートダメージ。
  • 炎スキルの中では当然だが消費Powが最も少なく20→18に変更(6月VU)
  • 射程が地味に長く、ソニックブームやソーサラーの通常スキルより長い。
    燃費の良さもあいまって使いやすく、効果の大きいスキル。

ファイアランス Edit

【効果】指定した方向に直進する炎を放ち、敵にダメージとともに炎上の追加効果を与える。

  • 射程がのび、消費Pwが増え、hit時ダメージの大きくなったファイア。更に36*3の火Dotダメージ。
  • 対人時はそれなりのダメージが期待でき、現在炎系統ソーサラーのメインウエポンとして使われている。
    但し、火皿の火力を期待されている場面では、すぐにヘルファイアを撃てる程度のPwは残しておきたい。

スパークフレア Edit

【効果】指定した範囲に閃光を伴う爆発を起こし、複数の敵にダメージとともに炎上の追加効果を与える。

  • 中距離範囲攻撃 炎皿のメイン弾幕
  • 見た目派手な炸裂と閃光があるがその見た目よりも射程はかなり短い
  • 球体の判定を打ち出し、それが地面を含む障害物と接触時に炸裂するので地面に向けて打つとより短くなる
  • 少しでも射程を長くするには、打ちたい方向のより遠くにある高さのある障害物等を指定して打つ
  • 空中に打ち出す感じ それでも短いが範囲ヒートは非常に優秀

ヘルファイア Edit

【効果】中距離範囲攻撃。敵にダメージとともに炎上の追加効果を与える。

  • 炎皿最大火力。
  • 250-350前後のhit時ダメージ+60*3のヒートダメージ。
  • Root中の敵を見かけたら近くの自軍構成を把握してタイミングを取って焼くとベスト。
  • 凍結→ヘルファイア→スタン→BOXなどがベストパターン例。

氷系 Edit

アイスボルト Edit

【効果】氷系初級スキル。指定した方向に直進する氷弾を放ち、敵にダメージとともに鈍足の追加効果を与える。

  • 皿でもっとも使いやすい援護技。消費Powが少なく、鈍足効果をつけられる。
  • 氷結した敵に打ってからヘルファイア、スタンした敵に打って逃走妨害など用途は多彩。
  • 鈍足がついているとヘルやカレスをステップ回避するのがほぼ無理になる(?)
  • 一回当たると鈍足がつくので続けて1,2発追加で当たる。突進ウォリを削るのはこれを起点に。

アイスジャベリン Edit

【効果】指定した方向に直進する氷弾を放ち、敵にダメージとともに氷結効果を与える。

  • 中距離単体攻撃。氷系統のスキルでは最大の攻撃力がある。
  • 付随効果としてRoot(足止め)を持つため、単独の敵を足止めするならブリザードカレスより効率がいい。
  • そこそこ発動が早いとは言え、当てるためには移動する敵の数歩先に撃つなどの工夫が必要。
  • Root時間はLv3で7秒
  • スタンした敵をRootさせるとスタンが解けてしまう。そういう意味でも氷サラはBOX参加を遠慮したほうがいい。

フリージングウェイブ Edit

【効果】自分の周囲にいる敵複数にダメージとともに鈍足効果を与え、更に吹き飛ばす。

  • 即時発動、自己中心型半球判定を持つ近距離スキル。
  • 70程度のダメージに加えて、吹き飛ばし&鈍足効果を与える。
  • ただし正面への判定は見た目程長くなく、主に側面や上空にいるPCに当てる。
  • ウェイブでスタンや凍結中の敵を吹き飛ばしちゃうのは愚の骨頂。味方の視線が痛いです。
  • 敵ナイトを吹き飛ばすのも状況次第。すれ違いウェイブは嫌がらせになりますが、味方ナイトが近くにいるなら吹き飛ばしで槍が当たらず返って迷惑です。素直にrootを狙いましょう。

ブリザードカレス Edit

【効果】中距離広範囲にいる敵複数に、ダメージとともに氷結+鈍足の効果を与える。

  • 中距離大範囲Root魔法。射程は範囲分も含めるとかなり長めで、皿スキルではジャッジメントの次に長い。
  • 出が遅く弾速も遅いため、単発で敵の正面から狙ってもステップで避けられて当たらない。
    なので敵の不意や死角をついて当てにいこう。
  • 命中したときの効果は、20秒のRootと8秒の鈍足効果。
  • Rootは連携のきっかけとなる状態異常、中距離からのRootを狙えるこの魔法を使いこなそう。
  • どうしても正面から相手を止めたい時は、アイスボルトを当てるなどして、鈍足状態の相手にカレスを撃つといいです。
    鈍足状態になると平たい場所でもカレスを避けるにはとても難しいタイミングになります。
  • 見た目以上に攻撃判定の持続時間が長いため、敵ナイトにRootを狙う時は、極端すぎるくらいに(敵ナイトが視界から消えるくらい先に)偏差で置いておくと効果的です
  • 自分の足下を狙って撃つと、やや発生の遅いウェイブのような感じで即時炸裂するため、敵に接近する危険があるが回避されにくく凍結させやすい。機動力があるが痛いダメージを受ける心配の無い敵ナイトを凍結させる場合には特に有効。味方召喚獣を狙っている隙がチャンス。

連続技 Edit

  • ジャベ→ランス→ライトニング
    ステップで逃げる敵にお勧め。
    相手に氷耐性を付けたくない場合はランス→ライトニングで。
  • ジャベ→ヘル
    回復を1回挟まないと使えないが使いどころは多い。
    味方片手が居るときはあせらないでバッシュを待とう。
  • アイスボルト→大範囲魔法
    燃費は悪いが、ステップで回避できなくなるのが強みか。
    鈍足効果で味方の更なる追撃が期待できる。

コメント Edit

  • 為になりました。これからは鈍足付けてからカレス撃ちますヾ(゚∀゚)ノ -- ゲブラー? 2007-03-15 (木) 07:45:04
  • 鈍足つけてからカレスだと撤退時の保険・ウェイブ用PWが足りなくなるから側面から単独で回り込むときは注意。 -- 2007-04-06 (金) 15:58:55

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White